ピボット (Pivot)

1. 目的

ピボット(Pivot)とは、前日の価格を基準にして、当日の相場の上限と下限を予測するという目的で、J.W.ワイルダー氏によって考案されました。

巷では「リアクション・トレンド・システム」とも呼ばれ、主にデイやスイングなどの短期筋のトレーダーが好んでよく使うテクニカル指標です。

スポンサーリンク


2. 使い方

基本的な見方

下方にあるラインをサポートラインと呼び、当日の株価はこれより下には下がらないと予測します。
上方にあるラインをレジスタンスラインと呼び、当日の株価はこれより上には上がらないと予測します。

基本的な売買サイン

下方にあるサポートライン1まで株価が下落してきたら買い。
上方にあるレジスタンスライン1まで株価が上昇してきたら売り。

※当サイトでは、ピボットをトレンド系指標に分類していますが、一般的には順張りではなく上記のように逆張りの指標と使われることが多いです。

順張り指標として使用する場合

下方にあるサポートライン1まで株価が下落してきたら売り。
上方にあるレジスタンスライン1まで株価が上昇してきたら買い。


3. 計算式

※四則演算記号は以下としています。
足し算:+
引き算:-
掛け算:*
割り算:/

(1) ピボットを算出する。

ピボット = (前日高値 + 前日安値 + 前日終値) / 3

(2) ライン1を算出する。

サポートライン1 = ピボット * 2 - 前日高値
レジスタンスライン1 = ピボット * 2 - 前日安値

(2) ライン2を算出する。

サポートライン2 = ピボット - (レジスタンスライン1 - サポートライン1)
レジスタンスライン2 = (ピボット - サポートライン1) + レジスタンスライン1)

なお、これ以降のラインは次のように求められます。

サポートライン(n) = ピボット - (レジスタンスライン(n-1) - サポートライン(n-1))
レジスタンスライン(n) = (ピボット - サポートライン(n-1)) + レジスタンスライン(n-1))


4. その他

殆どのテクニカル指標は、過去数日~数十日(ローソク足にして数本~数十本)分のデータを必要としますが、ピボットは前日のデータがあればチャートに描画できてしまいます。

その点から見てもこの指標は、本当に短期売買向けに開発されたものなのだと言えます。

短期間のデータで描画できる指標は、売買サインが多く出現する傾向にありますので、その分ダマシも多いのだということを念頭に置きながら使っていってください。

スポンサーリンク




Comment

非公開コメント

スポンサーリンク


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
プロフィール

フイロン

Author:フイロン
資金を本業に集中させるため、現在トレードは無期限休止中です。


  • 勝率40%のスイングトレーダーです。

  • 板が厚く、重く、しっかりとした値動きの銘柄のみ取り扱います。

  • 順張りがメインスタイルです。今のところ逆張りはしません。

  • エントリー後の保有期間は、最短1日から最長死ぬまでです。トレンドが続く限りは保有し続けます。

  • レンジ相場では連戦連敗です。トレンド相場でのみ利益を出します。

  • 利益率(変動率)が30%以上の時もザラにあります。その分勝率が落ちてます。徹底的な損小利大です。

  • 裁量トレードは一切行いません。ですので損切り、利確はためらいません。

最新コメント
リンク

▼相互リンクを受け付けております。
>>当ブログとの相互リンクについて