Top Page > スポンサー広告 > パラボリック (パラボリックSAR)Top Page > テクニカル指標解説 > トレンド系指標 > パラボリック (パラボリックSAR)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





パラボリック (パラボリックSAR)

1. 目的

パラボリック(パラボリックSAR)とは、相場のトレンドの方向やその転換点を計るため、J.W.ワイルダー氏によって考案されたトレンドフォロー型のテクニカル指標です。

パラボリックとは「放物線」という意味で、この指標はチャート上に放物線状に描かれる独特のドットラインが特徴的です。

スポンサーリンク


2. 使い方

基本的な見方

株価がSARより上に位置している時は上昇トレンド。
株価がSARより下に位置している時は下降トレンド。

基本的な売買サイン

下降しているSARが、上昇してくる株価(ローソク足)と接触したら買い。
上昇しているSARが、下降してくる株価(ローソク足)と接触したら売り。

ADXと組み合わせた場合の売買サイン

トレンドフォロー型の指標全般に言えることですが、パラボリックもレンジ相場では頻繁に売買サインが発生するため、この期間中はどうしても損失が膨らみがちになります。

そこでパラボリックを考案したJ.W.ワイルダー氏は、同じく自身が考案したADXを併用してエントリーの判断をすることを推奨しています。

具体的には、パラボリックの売買サインが出た時、ADXが上昇傾向にあればエントリー、下降傾向にあれば見送りとするのが良いでしょう。

ADXについてはこちらに記載しています。

>>ADX、平均方向性指数


3. 計算式

※四則演算記号は以下としています。
足し算:+
引き算:-
掛け算:*
割り算:/

(1) 1日目のSARを算出する。

1日目のSAR = (当日の安値 - 当日の高値) * 0.02 + 当日の安値

(2) n日目のEPを決定する。

EP = 上昇トレンド期間中の最高値、もしくは下降トレンド期間中の最安値

(3) n日目のAFを決定する。

基本値 = 0.02から0.2までの値
AF = 基本値 * n

ただしAFが0.2を超える場合、AF = 0.2 とします。

基本値の値が大きいと、パラボリックは株価の動きに近くなり頻繁に売買サインを出すようになります。
その分ダマシも多くなるため、それぞれに合った数値を設定することが大切です。

(4) n日目のSARを算出する。

n日目のSAR = (EP - 前日のSAR) * AF + 前日のSAR

ただし算出したSARが株価と接触した場合、SAR = EP とし、トレンドが逆転します。


4. その他

SARの値をトレーリングストップとして使用する例もあります。

SARの値は時間の経過と共に確実に切り上がって(切り下がって)いくため、トレーリングストップの目安としては使いやすいでしょう。

スポンサーリンク




Comment

非公開コメント

スポンサーリンク


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
プロフィール

フイロン

Author:フイロン
資金を本業に集中させるため、現在トレードは無期限休止中です。


  • 勝率40%のスイングトレーダーです。

  • 板が厚く、重く、しっかりとした値動きの銘柄のみ取り扱います。

  • 順張りがメインスタイルです。今のところ逆張りはしません。

  • エントリー後の保有期間は、最短1日から最長死ぬまでです。トレンドが続く限りは保有し続けます。

  • レンジ相場では連戦連敗です。トレンド相場でのみ利益を出します。

  • 利益率(変動率)が30%以上の時もザラにあります。その分勝率が落ちてます。徹底的な損小利大です。

  • 裁量トレードは一切行いません。ですので損切り、利確はためらいません。

最新コメント
リンク

▼相互リンクを受け付けております。
>>当ブログとの相互リンクについて

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。