Top Page > 2013年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



指数平滑移動平均線 (Exponential Moving Average、EMA)

1. 目的

単純移動平均線が一定の期間内の値を単純に平均するだけなのに対して、指数平滑移動平均線は「株価とは、過去(これまでの株価)の積み重ねである」という思想の元、過去の全ての値に対して重み付け(重要度付け)をしてから、指定した期間内の平均値を求める指標です。

極端な遅効性指標である単純移動平均線の欠点を補うために開発されたこの指標は、MACDの計算などにも使われる現在ではとても重要な指標の1つとなっています。

>>続きを読む

スポンサーサイト


加重移動平均線 (Weighted Moving Average、WMA)

1. 目的

単純移動平均線が一定の期間内の値を単純に平均するだけなのに対して、加重移動平均線は「はるか以前の値よりも、直近の値の方がより相場を反映しているはずだ」という思想の元、その一定の期間内の値に対して重み付け(重要度付け)をしてから平均値を求める指標です。

このため、加重移動平均線は単純移動平均線に比べて反応が早く、実際の値動き(ローソク足)の動きに近くなり、結果としてトレンドの転換点を単純移動平均線よりも早いタイミングで見つけることができます。

>>続きを読む



マーチンゲール法と難平(ナンピン)投資法

マーチンゲール法をご存知ですか?

カジノのルーレットなど特定のギャンブルにおいて、勝負そのものよりも賭け金の方を管理することで最終的に利益を出そうという、世界で最も有名なギャンブル攻略法(マネーシステム)です。

そのシステムは至ってシンプルで、次のようなものです。
  • 勝負に負けたら次回の賭け金を倍にする。
  • 勝負に買ったら一番最初の賭け金に戻す。
仮に、勝率が50%、そして勝てば賭け金が2倍になって返ってくるゲームがあったとして、そのゲームにマーチンゲール法を使うと、以下のテーブルのようになります。

賭け金テーブル


1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
賭け金(1回)1248163264128256512
賭け金(累計)1371531631272555111023
勝った時の利益1111111111
負けた時の損失1371531631272555111023
負ける確率(誤)50%25%12.5%6.25%3.13%1.56%0.78%0.39%0.2%0.1%
負ける確率(正)50%50%50%50%50%50%50%50%50%50%

このように偶然でも何でも良いので、いつかどこかで勝てれば、その時に必ず利益が出るのがマーチンゲール法の特徴です。

>>続きを読む



相場はAKB総選挙?

相場は美人投票と言われますが・・・。

株などを勉強している方であれば、一度は聞いたことがあると思います。

「相場は美人投票」という表現は、イラストのバッチリ入った取っ付き易いライトな感じのムック本から、活字だらけでちょっとお固い教本にまで、実に広く様々な場所で使われています。

ですがちょっと待って下さい。本当に相場は美人投票なのでしょうか・・・?

>>続きを読む



ピボット (Pivot)

1. 目的

ピボット(Pivot)とは、前日の価格を基準にして、当日の相場の上限と下限を予測するという目的で、J.W.ワイルダー氏によって考案されました。

巷では「リアクション・トレンド・システム」とも呼ばれ、主にデイやスイングなどの短期筋のトレーダーが好んでよく使うテクニカル指標です。

>>続きを読む



今週の風向き報告 - 2013/02/23

一口コメント

一言で言えば、惰性。

1月前半も現在と同じようなレンジ相場だったが、結局は1月後半から2月前半にかけて一段高という結果となった。

ただ当時はまだ、無理矢理にでも上に動かしていこうという熱が感じられたが、今はそれがなく単純に持ち玉の整理をしているだけのように思える。

1月のそれよりも、日経平均のレンジ幅が若干狭くなっているのも、すでに相場に勢いが無いという証拠ではないだろうか。

とは言え、シカゴ日経平均先物がドル建てで11,490円を付けているのも事実であり、1月相場の再来が無いとも言い切れない。

対してアメリカだが、こちらも強くはない。売り買い交錯といった感じだが、個人的には売り優勢のように見ている。

アメリカが崩れれば日本も必ず崩れる。どちらも慎重にエントリーをして行きたい。

資産残高

口座残高ポジション評価額純資産
5,484,300円4,400,648円9,884,948円

そして今週のポジションは・・・

>>続きを読む



損切りは共通の基準を設けるべきではない

初心者はよく、パーセンテージで考えてしまう。

例えば「買値より5%下がったらロスカット」のように、ルールを明確化、可視化するために数値の基準を設ける方は多いです。

確かにこれなら計算も楽ですし、初心者でも運用できる気がします。事実、私も以前は利食い・損切りはそれぞれ何%ぐらいが丁度いいのだろうと、よく頭を悩ませていました。

ただ、そもそもこのような基準を設けること自体が間違いだと言ったら、どう思いますか?

>>続きを読む



トレーダーになるために仕事を辞める人、始める人

専業、兼業とは何か?

言うまでもなく、専業とはトレードのみで生計を立てている人で、兼業とは会社勤めでも自営業でも、とにかく本職があり、その傍らでトレードを行い、それぞれの収入を生活の糧としている人です。

パッと見、パッと聞きの印象では、専業トレーダーの方が兼業トレーダーよりも、トレーダーとしての技量、精神共に上を行っているように思えますよね。

実際トレードのみで生活をしていくというのは、大変なプレッシャーがかかると聞きます。そういう意味では、精神面では相当の覚悟を持っているのかもしれません。

それに比べて兼業トレーダーは、何だかセコセコとした印象を受けます。実際に巷では、安全を確保しながらしかトレードができない、サラリーマントレーダーで大成した人はいない、などと言われています。

そのせいか、自然と「専業トレーダーはすごい、兼業は単なる一般人」という区切りができている気がするのですが、私はそこに違和感を覚えます。

>>続きを読む



今週の風向き報告 - 2013/02/16

一口コメント

今週の日経平均株価は、先週に引き続き陰線を付けて終了した。

終値こそ先週引け値よりも高い位置にあるが、これまでの急激な円安株高の流れが、ここにきてようやく一息付くことになりそうだ。

ただし、今後の展開を予想するにはまだ早いかもしれない。

というのも、まず東証一部の騰落レシオが現在102.8と中途半端な位置にあり、下にも上にも余地がある。

さらに個々の銘柄のチャートを見てみると、株の教科書に載っているお手本のような押し目も散見される。

気持ちとしてはそろそろ下げのような気もするが、各指標が中途半端なため現時点では断言できず。とりあえずは、これまでのトレンドが現在も継続していると仮定して行動していくつもりだ。

とは言え安心して見ていられる状況でもなさそうなので、逃げ時だけは見誤らないように心がけたい。

資産残高

口座残高ポジション評価額純資産
5,201,100円4,809,301円10,010,401円

そして今週のポジションは・・・

>>続きを読む



トレードにおける理想的な心理状態、考え方

囚われまいと思うほど、人の心は囚われてしまう。

例えば、好きな相手や付き合っていた相手にフラれてしまった時などを思い出してみてください。

とてもショックで泣いてしまったり、相手のことが嫌いになってしまったり、そういった経験は誰もが一度はあると思います。

そしてしばらくして「もう気にしない」と決意を固めて前を向こうとしますが、気にしてはいけないと思えば思うほど、色々思い出してしまい頭の中がモヤモヤ、イライラ・・・、そういった体験はありませんか?

このように本人にとってショッキングな出来事があると、中々その事柄から心が逃れられないのが人間です。

>>続きを読む



今週の風向き報告 - 2013/02/09

一口コメント

今週は株式市場、為替市場、共に崩れて引けた。

ニュースによると、今回の上昇は2012年11月から始まり、何と12週連続で騰がり続けたとのことだ。これは岩戸景気と呼ばれる、1958年12月から1959年4月の17週連続上昇に次ぐ史上2番目の長さらしい。

さて、ここからの流れだが、もういい加減に先は無いのではないだろうか。

システム上、まだロングポジションの手仕舞いは行わないが、私はすでにここから幾ら目減りして、幾ら手元に残るかの皮算用を始めている。

先日1,000万円という1つのラインを超えたばかりだが、とりあえず900万円台で残れば上出来だと感じている。悪くても800万円以上、それ未満だとちょっと不満が残るか。

願わくば、次の相場も2~3ヶ月に渡るトレンド相場であって欲しいと、素直に思う。

なお、来週月曜日は日本市場が休場なので、そこでこの相場が終わったのか、それともまだ続くのかを判断するのも、ひとつの手かもしれない。

資産残高

口座残高ポジション評価額純資産
5,250,222円5,501,919円10,752,141円

そして今週のポジションは・・・

>>続きを読む



祝・1千万円到達(仮)

1千万円の大台に、ひとまず乗せて来ました。

ひとまず今年の目標にワンタッチしました。

ちなみに、なぜ「仮」かといえば、日本株もアメリカ株もサクソバンクのCFD口座で合わせて取引しているため、確定申告によってここから税金(利益の20%)が引かれてしまうのです。ですので、実際はまだ1千万には到達していないので、仮到達という訳です。

しかしさすがに、ちょっと嬉しい気持ちがあるので、記念にスクリーンショットをアップします。

1000万円到達

おそらく、今週末までこの数字は維持できていないとは思いますが、あまり気にする事無く、これからも淡々と切り貼りして行くつもりです。

応援頂ければ幸いです。


今週の風向き報告 - 2013/02/02

一口コメント

止まらない、止まらない、止まらない。円安株高の流れが全く止まらない。

一時は失速しそうな日もあったが、終わってみれば日経平均は11,191円34銭、NYダウに至っては14,009ドル79セントと、14,000ドルの大台に乗せて来ている。

CME日経平均先物も、昼間に比べて100円以上上げている。週明けは11,250円辺りで寄り付くだろう。

理性で言えば、ここからの買いというのは高値掴みの可能性が大いにあるため、見送るのが懸命なのだが、こうも強いと本当にここが高値なのか疑問にすら思えてくる。

私のポジションも、先週末は売り買いまちまちだったのが、今週またほぼ買い一色に戻されてしまった。

この熱風はいつまで吹くのだろう。

資産残高

口座残高ポジション評価額純資産
5,237,153円4,120,785円9,357,938円

そして今週のポジションは・・・

>>続きを読む



スポンサーリンク


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
プロフィール

フイロン

Author:フイロン
資金を本業に集中させるため、現在トレードは無期限休止中です。


  • 勝率40%のスイングトレーダーです。

  • 板が厚く、重く、しっかりとした値動きの銘柄のみ取り扱います。

  • 順張りがメインスタイルです。今のところ逆張りはしません。

  • エントリー後の保有期間は、最短1日から最長死ぬまでです。トレンドが続く限りは保有し続けます。

  • レンジ相場では連戦連敗です。トレンド相場でのみ利益を出します。

  • 利益率(変動率)が30%以上の時もザラにあります。その分勝率が落ちてます。徹底的な損小利大です。

  • 裁量トレードは一切行いません。ですので損切り、利確はためらいません。

最新コメント
リンク

▼相互リンクを受け付けております。
>>当ブログとの相互リンクについて

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。