Top Page > 相場所感

トレーダーと金銭感覚

1千万円持っていると言うと。

先日、純資産1千万円という最初の大台に乗せたのですが、そのことを友人知人に話すと大抵聞こえてくる言葉は「すごい」「怖い」といったようなものです。

さらにその流れでトレードのことを少し話すのですが、最近では10万20万は動いて当たり前、100万動いても大した動揺は無いと伝えると、決まって「それはもう金銭感覚おかしいんじゃないか?」と言われます。

>>続きを読む



マーチンゲール法と難平(ナンピン)投資法

マーチンゲール法をご存知ですか?

カジノのルーレットなど特定のギャンブルにおいて、勝負そのものよりも賭け金の方を管理することで最終的に利益を出そうという、世界で最も有名なギャンブル攻略法(マネーシステム)です。

そのシステムは至ってシンプルで、次のようなものです。
  • 勝負に負けたら次回の賭け金を倍にする。
  • 勝負に買ったら一番最初の賭け金に戻す。
仮に、勝率が50%、そして勝てば賭け金が2倍になって返ってくるゲームがあったとして、そのゲームにマーチンゲール法を使うと、以下のテーブルのようになります。

賭け金テーブル


1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
賭け金(1回)1248163264128256512
賭け金(累計)1371531631272555111023
勝った時の利益1111111111
負けた時の損失1371531631272555111023
負ける確率(誤)50%25%12.5%6.25%3.13%1.56%0.78%0.39%0.2%0.1%
負ける確率(正)50%50%50%50%50%50%50%50%50%50%

このように偶然でも何でも良いので、いつかどこかで勝てれば、その時に必ず利益が出るのがマーチンゲール法の特徴です。

>>続きを読む



相場はAKB総選挙?

相場は美人投票と言われますが・・・。

株などを勉強している方であれば、一度は聞いたことがあると思います。

「相場は美人投票」という表現は、イラストのバッチリ入った取っ付き易いライトな感じのムック本から、活字だらけでちょっとお固い教本にまで、実に広く様々な場所で使われています。

ですがちょっと待って下さい。本当に相場は美人投票なのでしょうか・・・?

>>続きを読む



損切りは共通の基準を設けるべきではない

初心者はよく、パーセンテージで考えてしまう。

例えば「買値より5%下がったらロスカット」のように、ルールを明確化、可視化するために数値の基準を設ける方は多いです。

確かにこれなら計算も楽ですし、初心者でも運用できる気がします。事実、私も以前は利食い・損切りはそれぞれ何%ぐらいが丁度いいのだろうと、よく頭を悩ませていました。

ただ、そもそもこのような基準を設けること自体が間違いだと言ったら、どう思いますか?

>>続きを読む



トレーダーになるために仕事を辞める人、始める人

専業、兼業とは何か?

言うまでもなく、専業とはトレードのみで生計を立てている人で、兼業とは会社勤めでも自営業でも、とにかく本職があり、その傍らでトレードを行い、それぞれの収入を生活の糧としている人です。

パッと見、パッと聞きの印象では、専業トレーダーの方が兼業トレーダーよりも、トレーダーとしての技量、精神共に上を行っているように思えますよね。

実際トレードのみで生活をしていくというのは、大変なプレッシャーがかかると聞きます。そういう意味では、精神面では相当の覚悟を持っているのかもしれません。

それに比べて兼業トレーダーは、何だかセコセコとした印象を受けます。実際に巷では、安全を確保しながらしかトレードができない、サラリーマントレーダーで大成した人はいない、などと言われています。

そのせいか、自然と「専業トレーダーはすごい、兼業は単なる一般人」という区切りができている気がするのですが、私はそこに違和感を覚えます。

>>続きを読む



スポンサーリンク


検索フォーム
最新記事
カテゴリ
プロフィール

フイロン

Author:フイロン
資金を本業に集中させるため、現在トレードは無期限休止中です。


  • 勝率40%のスイングトレーダーです。

  • 板が厚く、重く、しっかりとした値動きの銘柄のみ取り扱います。

  • 順張りがメインスタイルです。今のところ逆張りはしません。

  • エントリー後の保有期間は、最短1日から最長死ぬまでです。トレンドが続く限りは保有し続けます。

  • レンジ相場では連戦連敗です。トレンド相場でのみ利益を出します。

  • 利益率(変動率)が30%以上の時もザラにあります。その分勝率が落ちてます。徹底的な損小利大です。

  • 裁量トレードは一切行いません。ですので損切り、利確はためらいません。

最新コメント
リンク

▼相互リンクを受け付けております。
>>当ブログとの相互リンクについて